コンテンツ

こだわりの農法

より安心と安全な果実生産を目指して

私たちは「自家製たい肥」や「酵素」、「ミネラル」のほか、天然成分の「アミノ酸」、「納豆菌」などを組み合わせて使用することにより、出来るだけ従来の化学肥料や化学農薬の使用回数を減らし、収穫直前の防除も控え、残留農薬を減らし、
「より安心で安全な果実の生産」に心がけています。
開園以来変わらない想いを、出来るだけフレッシュな状態で直接お客様へお届けさせていただくことを目指しています。
 

●美味しい果実つくりは土つくりから

美味しい果実を育てるためにはまず、土つくりが欠かせません。
植物の根も地中では呼吸をし、多くの土壌微生物と共存しながら生きています。
「ミミズ」や「微生物」のたくさん住む環境を作り、地中での呼吸と栄養をたっぷりと吸わせる為には、まず土壌物理性を向上させること。

●鹿児島でいっぱいな、こだわりたい肥

弊社で使用しているたい肥は、鹿児島ならではの材料いっぱいのこだわりたい肥を数種類組み合わせて使用しています。
「焼酎かす」や「牛ふん、鶏ふん」を混ぜ合わせ、酵素を散布しながらゆっくりと発酵させた完熟たい肥を使用しています。
 

●日置市生ごみ再生たい肥「よかん土」

 
日置市内で排出された生ごみを回収し、間伐竹チップと酵素を混ぜて発酵させ作られた環境にやさしい酵素たい肥を使用し、生ごみの地域循環とSDGsに貢献しています。
 
 

 

数種類のアミノ酸肥料

~資源循環で環境にやさしい農業で植物を健康に~

「味の素」製造工場から排出された副産物を、肥料として加工してうまれた栄養たっぷりな「アミノ酸肥料」を、他のたい肥と絶妙なバランスで配合して使用しています。
産業廃棄物の資源循環で、環境にやさしい農業を目指します。
生産された果実は「九州イオン」で「九州力作果物」というブランドで販売しています。

 

アミノ酸液肥

鹿児島県の「枕崎」は鰹節の生産が全国の中でも、盛んに行われています。
そんな鰹節製造工程からできた、鰹のうまみ成分と栄養たっぷりな有機由来の「液体肥料」を年間とおして散布し、コクのある果実つくりを目指しています。
 

開園以来変わらない地下100mの井戸水

黒川農園で使用している農業用水は開園以来、地下100mから滾々と湧き出る専用の井戸水を使用しています。